私たちの取り組み
 オンライン設計室
 住宅・建築 事例集
 住んでみて
  不定期日記
  プロフィール
  建築計画網・大系舎の、住宅設計に対する取り組みを紹介します。
ホームページの構成については、サイトマップをご参照下さい。   >>サイトマップへ
 

 私達は東京都を本拠地として、住宅設計を中心に活動する小さな1級建築士事務所です。

木造住宅をはじめとして、鉄骨構造RC構造の住宅設計にも積極的に取り組んでいます。

最近は、下町地区の間口が狭く、かつ狭小地における3,4,5階建ての下町住宅に、力を入れて設計活動を展開しています。

その他、マンション・リノベション、コンバージョンデザイン、既存住宅の耐震化計画などを手がけています。

 


 さて、ここで私達の住宅設計に対する取り組み方について少し詳しくお話しさせていただきます。

 私たちが住宅設計で大切にしていることは、完成した住宅の質はまず第一に大切ですが、その住宅が出来上がるまでのプロセスもそれと同様に大切だと考えいます。

そのため、私たちは家づくりのプロセスにおいて、建て主とのコミュニケーションということを、特に大切にしています。



 そして私達は、家づくりにおけるのコミュニケーションの一つの手段としてインターネットを上手く活用して、建て主、設計者、そして施工者が、良い形で協力しあって家づくりを進めることを積極的にすすめています。

 設計者が、家づくりにおけるコミュニケーションの問題に対してどのように取り組むべきか。 そのスタンスこそ、設計事務所の個性であり、住宅設計をどのように捉えているかを表しています。

 


こんなたとえ話しはどうでしょう。

 有名シェフの手になる高級フランス料理は、あとから振り返ってみるとさほどでもなかったりしますが、食べている間は総じて美味しいものです。

 一方、一般の人たちがつくる特別ではない料理も、時として信じられないような美味しさを感じることがあります。

 たとえば、キャンプでつくるバーベキュー。
 屋外という非日常空間での食事も加味されるうえ、自分たちで調理することが生み出すエンターテイメント性が、美味しさのスパイスとして働くことは言うまでもありません。

 高級フランス料理とバーベキュー、 どちらも食事としては申し分ない。
しかしその美味しさの内実はまるで違います。  

 


一言で言えば<what=何を><how=どのように>の違いでしょうか。

 前者は<what>、すなわち目の前に出された料理の質だけが食事の評価の対象となります。

 対する後者は、<how+what>、素材の購入に始まり、設営・調理、目の前に皿が出てきて、関わったみんなで、ワイワイ楽しいお話しをしながら最終的に、平らげるまでのすべてが食事の評価の対象です。

 建築計画網・大系舎が実戦しているのは、このバーベキューのような家づくりです。

 ハードとしての住宅だけでなく、つくるプロセスも総合的に設計する。

 それが、建て主にも施工者にも、もちろん私達設計者にも「美味しい」家づくりになると信じているからです


(2015/09 建築計画網・大系舎 大戸浩)

▼ TAIKEISHA 5つの設計テーマ

狭小地3,4,5階建て住宅(下町住宅)
都心部の下町地域の比較的狭い敷地に、3・4・5階建て住宅や地下室、店舗、賃貸住宅などを併用した住宅の設計を多く手がけています。

>>詳しい説明
木造のほか、RCや鉄骨構造の住宅
在来木造住宅やSE構法の住宅ほか、鉄筋コンクリート(RC)構造や鉄骨(S)構造の住宅の設計も得意としています。

>>詳しい説明
2世帯住宅や老後の住宅設計
住宅は、様々な居住形態があります。核家族の子育て住宅のだけでなく、2世帯住宅や老後の住宅にも対応した設計を行います。

>>詳しい説明
リフォームやリノベーション
既存住宅のリフォームや、中古住宅のリノベーション設計を行っています。
また耐震診断・補強行ったリフォームの設計にも対応します。

>>詳しい説明
省エネ住宅への取り組み
壁や天井、開口部などの断熱性能を高め、住宅の省エネ性をトータルで考えた設計を行います。また長期優良住宅の申請も可能です。

>>詳しい説明
 
ウェブを活用した家づくり
建築計画網・大系舎では、家づくりにウェブを積極的に活用しています。
ウェブを上手に家づくりにに取り込めば、建て主にとっても非常にメリットが大きいです。

>>詳しい説明



 
ご相談はお気軽に soudan@taikeisha.net  
〒160-0001 東京都新宿区片町3-10 ST-K 地下1階
建築計画網・大系舎 1級建築士事務所